当園について

当園は、それまでシュタイナー親子クラスに通われていた保護者の方々のご希望に応える形で、2008年にシュタイナー教育を実践する自主幼稚園として開園しました。(認定こども園ではありません)東仙台の一軒家が園舎となっています。

家庭的で丁寧な保育を行い、親子クラスから小学生クラスまで含めると12年間にわたる子どもの成長を長い目で見守る草の根の教育機関として運営され、多くの子どもたちがここから巣立っています。

子育ての価値がないがしろにされることが多い現代社会において、「子どもを育てる」という人類にとって大切な仕事が大きな喜びと確かな礎のもとに営めるよう、ご家庭やお心寄せくださる多くの皆さんのご協力と共に歩んできました。

私たちのこども園に興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡下さい。通わせる年齢のお子さんがいらっしゃらない方でも、色々な関わり方ができる可能性があります。
私たちの未来そのものである子どもたちを、みんなで育てていきましょう。

園長 虹乃 美稀子

虹乃美稀子 プロフィール

シュタイナー幼児教育者・幼稚園教諭・保育士

宮城学院女子短期大学保育科卒業
仙台市保育士として7年間勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ
06年シュタイナー親子クラス開業
08年シュタイナー幼稚園「虹のこども園」開園 (一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会団体正会員) 園長兼担任

バッチフラワーレメディ公認プラクティショナー仙台、東京、岩手にてシュタイナー講座を通年開催
2017年7月より一年間、河北新報夕刊にて「ちいさなおうちの12ヶ月」を連載