第3期生募集|オンライン連続講座「子どものスピリチュアリティの育て方 」

第3期生募集 オンライン連続講座「子どものスピリチュアリティの育て方 」

第3期生を募集します・半年間連続講座
大人もいっしょに、育っていく
「子どものスピリチュアリティの育て方」

お申し込み・詳細はこちらから

子どもに畏敬の念を抱きながら寄り添い、
そして寄り添う大人自身もまた、
自己のスピリチュアリティが育まれるー
これこそが、教育の、そして子育ての、真髄ではないでしょうか。

私たちシュタイナー教育者は子どもの霊性(スピリチュアリティ)を尊重した、
教育や関わり方を大事にしています。

スピリチュアリティを大事にするということは、
それぞれの子どもが持って生まれたものを見つめ、
大事にするということに他ならなず、ここを無視したどんな教育方法も、
子育てのノウハウも、表面的な方法論でしかないからです。

これまで教育の現場でも、また親御さんが子育てをするときにも、
実際に子どもたちのスピリチュアリティ(霊性)について学び、
理解する場はほとんどありませんでした。

ーなぜ今この時代に、スピリチュアリティについて学ぶことが大切なのか?

マザー・テレサは「現代は霊性の飢餓の時代である」という言葉を残しています。

霊性、つまりスピリチュアリティは、人間の根幹の尊い芯として、
古今東西大切にされてきました。

しかし、現代では過度に物質・経済優先の社会になっていき、
その大切な部分が忘れられ、子どもたちへのアプローチも、
方法や手法論ばかりが問われるようになっています。

今、日本では「教育の行き詰まり」や
子どもたちからの様々な形での「SOS」が取りざたされていますが、

それは、子どもと向かい合う時の一番大事な「芯」である
スピリチュアリティについての認識が、失われているからです。

子どものスピリチュアリティを大切に育てること、
それは子ども自身が本当の意味で、

「その子らしく」
「ブレない軸を持って」
「時代や社会の変化に翻弄されずに」

自分の人生を自由に生きていく支えとなります。

今回は皆さんに
シュタイナー教育で大切にしているスピリチュアリティについて学び、
ご家庭や指導の場でも実践していただくくことができるようにと願っています。

子どもと関わる全ての大人の方々に、
スピリチュアリティを育てる大切さに気がついて欲しい。

そんな想いで全12回の講座を企画させていただきました。

【講座の内容と日程(予定)】すべての回の録画が、講座終了まで視聴可能です

1. スピリチュアリティってなんだろう? 2022/9/3
2. わたしの中の子どもを抱きしめる 2022/9/17
3. 星の階段を降りてやってきた子どもたち2022/10/1
4. 子どもの発達 普遍のひみつ2022/10/15
5. 運命への信頼は、自由への扉2022/10/29
6. 「意志・感情・思考」21年かけて順番に育つ三つの力 2022/11/12
7. 大人も7年ごとに成長変容する秘密 2022/11/26
8. 地球とつながる生き方へのシフト 2022/12/10
9. 地に足つけて社会とつながるスピリチュアリティ 2023/1/14
10. 子どもたちに贈る愛という熱の力2023/1/28
11. 察する力を育てるー子どもとのやりとりは直感が9割 2023/2/11
12. 世界を抱きしめられるわたしへの変容 2023/2/25

*毎回ホームワークがあります。(提出は任意です)

*全回終了後にオンライン修了お祝い会があります。

子どもとの関わりを通してご自身の「スピリチュアリティ」にも気がついていただく内容です。
子どもについて学ぶことによって、自分自身と深く繋がり、人生のよりよい変化が見られるかもしれません。

【講座の特徴】

・シュタイナー教育が最も大切にしていることを、
誰でも簡単にわかりやすく学べるようにしたオンライン講座です。

・各回にホームワークや実践ワークが入る 、実践的な内容となっております。
講座は原則講義形式ですが、各回ホームワークなどを通じて質問も受け付けています。

・全回オンタイムでの講座配信です。録画視聴は全ての方が、講座終了までいつでも何度でもご覧いただけます。

・講師とのオンラインでの個別コンサルティングタイム*があります。
*コンサルティングタイムとは 講座とは別に時間を設け講師と対話/相談いただく機会です。
子どもとの関わりについて具体的な課題を相談したり、講座の内容でより深く知りたいところを質問するなどご活用ください。
(原則各自1回、40分程度)

・教育者の方はもちろん、親御さんにもよりよく学んで活かしていただきたく、
ご夫婦でのエントリー(カップルエントリー*)が可能です。
*カップルエントリーとは 同居されるパートナーと視聴URLを共有できます。
また、ワークやオンラインコンサルティングにはカップルでのご参加も可能です。

【第1期・第2期受講生の感想より】

・娘のためをおもって踏み出した一歩が、結果的に私自身の世界を広げてくれました。

・子育てのために受講しましたが、自分自身を深く見つめ直す良いきっかけになりました。子供のいる暮らしを愛おしく感じることができるようになりましたし、これからの自分の人生に対しても楽しみが増しました。

・受講する前色々な漠然とした「不安」がありました。でも今はなぜか感じません。先生の言葉を繰り返して聞いているうちに「直感を信じてみる」とか「何となく」の中の力を信じていいんだということ、それから肝を据えるといいいますか、覚悟するといいますか、今の自分の状況が悪くても俯瞰して見れていればこの時点ではこれで良いとする、直感を信じて判断して進んでいける勇気、のようなものを頂いた気が致します。

・夫婦間で教育・人生などを語る時間が得られたのも大変有意義でした。日々忙しくあれやこれやとあわただしく、そんな話題の会話がしばらくなかったように思います。だいぶ夜更かしのつらい年になりましたが、おしゃべりで夜長な週末を送れたのもよかったところでした。

・今まで、シュタイナー教育だから、テレビは見ない!おもちゃはこういうものを!おやつはこういうものを!服装はこう!手仕事をしよう! と形ばかりを意識していたような気がします。でも、この講座を受けて、それらはもちろん大事だしそこに意味もある。そしてできることはやっていく。
けれどもっと大事なものがそこにあってちょっとはき違えていたな、ということに気が付くことができました。
そんなことよりもっと大切なことがあるのだよ。その子の生まれてきた目的に、その子の小さな思いに耳を澄ませ、
世界は大丈夫よ~!!!と地に足ついて真摯に共に生きていこう。と思うようになりました。
なんでしょう、書きながら涙出てきました。
これからこの講座で学んだことを子育てだけではなく自分の人生に活かしていきたいと思います。

・パートナー受講の制度は本当に素晴らしと思いました。是非継続してください。

・登校しぶりの子供に、どうやって対応したらよいのかと、困って受講した講座でした。
受講して一番変化したのは、私の心のあり様です。子供が何とか毎日学校に行けるような方法が知りたい、と思っていましたが、まず、子供を教育することは出来ないこと、自分で自分を教育することしかできず、子供にはそれを見せる事しか出来ないと言われてはっとしました。まず自分なんだと。子供を変えるのではなく、自分が変われて良かったです。私には、子供のための講座ではなく、自分のための講座でした。

・頭ではなく、感じられるまで、深められたらとも思うのですが。感じることの大切さや素晴らしさを、この講座から受け取りました。先生の園での毎日が、この講座の基礎になっていることを考えると、日々の生活の大切さを、あらためて気づかされ、丁寧に毎日を送ろうと、決心しました。

・半年の講座を通して、目のまえの方がもともと備えてらっしゃる内なる光を感じることができるようになりました。子どもたちに至ってはみていると泣きそうになるくらいの尊さを感じます(自分の息子にさえそんな瞬間があります数年まえの私に伝えたい…)。その光をみつめ、変容やのびしろに気づくことによろこびを感じます。そのよろこびは言葉にしなくても伝わるから。子どもたちは私にそれを常に教えてくれる存在ですが、私は子どもたちを見守るすべての大人にむけてそのよろこびを向けたいと思うようになりました。

・この半年間は、私にとって予期せぬ人生の転換期となりました。

・ゆるやかですが具体的に変わったかなと思うところはやっぱり子どもとの接し方です。感情的になることはあるけれど、そのあとすぐあっ。と思ったり。イライラしながらも講座のことを思い出して呼吸を整えられたり。
口出ししそうになるのをぐっとこらえて行動で示そうとしたり。不安そうな顔を見たら「絶対大丈夫だから!!」って強く言えるようになったり。余裕がなくなってきたと感じたら「朗らかに~」って心の中で言ったり。なんでと思ったことは感情で考えるのではなく思考を使おうと意識したり。
あと自分を大切にしようという気持ちが膨らんで、自分の短所というか苦手な事にもっと気楽になれました。


【修了生から次の受講予定の方へのメッセージ】

・この講座に出会えたことは、ものすごいチャンスだと思います。もっとどっしりと生きたい方、おすすめします。全講座を修了したころには、心も体も軽くなりますよ。

・直感を信じて、「これは今の自分に必要かも」「何となく気になる」という方は是非。きっと今の自分に響くもの、これからの人生の軸になるものが見つかるのではないかなと思います。受講料は安くはないけれど、減価償却で考えたら、今の思い切っての決断は後々の自分にきっと返ってきます。

 

・勇気をもって受講して本当に良かったです。日々、ふと魂のことや、使命のこと。友愛の気持ち。など。直面した出来事に対して、講座で私に流れ込んだ言葉や思いが呼び覚まされることがあります。その時は気が付かないのですが、あとから、「あ、受講しているうちに私の中に入り込んでいる・・・」と気が付き、嬉しくなることが多々あります。

・全てにはタイミングがあるのだと思います。このタイミングで講座を受けたからこそ感じることやその後人生の変容があると思います。直感を信じて受講してよかったです。

お申し込み・詳細はこちらから

ABOUT

虹乃美稀子東仙台シュタイナー虹のこども園 園長
公立保育士として7年間保育所や児童相談所に勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ。
南沢シュタイナー子ども園にて吉良創氏に師事。

2008年「東仙台シュタイナー虹のこども園」を開園。幼稚園部を中心に、未就園児親子クラスから小学生クラスまで、12年間にわたる子どもの成長を見守る草の根の教育機関として運営。
東京をはじめ、全国各地でシュタイナー講座・子育て講座を開催。

著書
『小さなおうちの12ヶ月』(河北新報出版センター)
『いちばん大事な「子育て」の順番』(青春出版社)