新刊「いちばん大事な『子育て』の順番」発刊のご案内

たらちねの会 7/29 毛糸で作る遊び紐 ご報告

 

今年度初めてのたらちねの会、ようやく開催できました。

とはいえ、多くの人が一堂に介するのは難しい社会情勢ですので、

まずは幼稚園部の保護者に対象を限定して、時間も短縮しての開催となりました。

「遊び紐」は、幼稚園にもある子どもたちの大好きなアイテムです。

くるくる巻いたり引っ張ったり。
シルクの布と合わせてお姫様のベールにしたり、お人形さんのおんぶ紐にも使えます。

好きな糸を選んだり、
大人2人で糸の両端を持ってねじり合う時間も、
出来上がった紐を見るときも、

「これを渡したら、
子どもたちがどんな顔をして喜んでくれるかな。」

「子どもたちはどんな風に遊ぶかな」

というワクワクする思いが湧いてきました。

そして、作りながら生まれる会話の中に、それぞれのご家庭の温かさを感じたり、
また日々の育児の大変さに共感したり。

手仕事をしながら、そんなホッと肩の力を抜けるひとときを過ごせました。

次回の開催日は未定ですが、詳細が決まりましたら
このHPかインスタグラムでお知らせいたします。

(文・たらちねの会 R)

ABOUT

虹乃美稀子
虹乃美稀子東仙台シュタイナー虹のこども園 園長
公立保育士として7年間保育所や児童相談所に勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ。
南沢シュタイナー子ども園にて吉良創氏に師事。

2008年「東仙台シュタイナー虹のこども園」を開園。幼稚園部を中心に、未就園児親子クラスから小学生クラスまで、12年間にわたる子どもの成長を見守る草の根の教育機関として運営。
東京をはじめ、全国各地でシュタイナー講座・子育て講座を開催。

著書
「小さなおうちの12ヶ月」(河北新報出版センター)
「いちばん大事な子育ての順番」(青春出版社)